| カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| カテゴリ:入院保険 女性
フェミニーヌ自分が死んだ時に自分以外の人に保険金が支払われるのが「死亡保険」ですが、「医療保険」は自分が病気やケガで入院、手術が必要になった時に、闘病のため、または入院中の減収をカバーする自分のための保険です。

人によっては、医療保険に加入するくらいなら、その分貯金に回した方が良い、と考える人もいるかもしれませんね。
日頃から確実に貯金をして、いざという時の為に役立てることができれば良いですが、すぐに手をつけられる貯金というのは、往々に使ってしまいがちです。
自分は大丈夫と思っていても、病気やケガは突然にふりかかってくるものです。
そんな時に貯金額をみて焦ってしまうことのないよう、やはり医療保険に加入しておくことをおすすめします。

特に女性は、年を重ねるごとに男性よりも通院や入院の回数が多くなるというデータがあります。自分は働いていないので、病気になっても収入には影響しないから・・・などと思わずに、しっかりと医療保険に加入しておくようにしましょう。

医療保険の中でも、色々な特約がついたものが一般的に「入院保険」と呼ばれています。特約には手術特約や通院特約など様々なものがあり、ガンを手厚く保障する「ガン特約」や、三大疾病を手厚く保障する「三大疾病特約」、また女性に特有の病気(乳房関係、子宮・膣関係など)を手厚く保障する特約など様々です。また特約の他にも特定の病気を手厚く保障する入院保険もあります。

同じ内容でも各保険会社によって呼び名も違ってくるので、医療保険や入院保険を選ぶ時はその内容をよく吟味してから選ぶようにしましょう。



損保ジャパンひまわり生命「フェミニーヌ」

スポンサーサイト
| カテゴリ:入院保険 女性
フェミニーヌ高齢化が進み、医療費の個人負担の増加が問題となっている最近では、医療保障がとても重要視されています。

しっかりした医療保障を確保するためには入院保険に加入する他に、定期付終身保険や終身保険などの主契約の保険に「医療特約」を付加する方法があります。

医療特約のベースとなるものには2種類あり、「疾病入院特約」と「災害入院特約」があります。
疾病入院特約は病気による通院や入院、災害入院特約は災害や事故による通院や入院が保障されます。どちらにも手術をした時の保障(手術給付金)が組み込まれているのが一般的です。
女性であれば、疾病入院特約の中でも、女性特有の病気を手厚く保障してくれる特約を付加しておいた方が安心です。
乳房や子宮、膣に関する病気にかかる女性の数は年々増加傾向にあり、通院や入院する人の数は男性より女性の方が多い傾向にあります。
病気になってから加入しようと思っても、条件付きで加入することになったり、保険料が高くなったりしてしまう場合があるので、健康なうちに加入しておくことをおすすめします。

医療特約で医療保障を考えた場合、注意することがあります。
通常医療特約では病気でもケガでも、5日以上入院してから入院給付金を受け取ることになります。入院当初の4日間分は入院給付金は受け取ることができない場合が多いのです。
ですが最近では医療の発展により、長期入院よりも短期入院で治療する場合が多いのが実状です。特約で医療保障を確保する場合は、入院何日目から給付金を受け取ることができるのかしっかり確認しておくようにしましょう。
必要であれば特約ではなく、医療保険に独自に加入しておいた方が安心です。


損保ジャパンひまわり生命「フェミニーヌ」
| カテゴリ:入院保険 女性
数ある入院保険の中でも、女性特有の病気を手厚く保障する女性保険は人気商品となっていて、最近では若い人でもこのような保険に加入する人は増加傾向にあります。

保険の中には誰でも加入OKという保険もありますが、通常、保険は誰しも加入できるというものではありません。
「告知義務」を果たした人のみ、加入することができます。

告知義務とは、保険に加入する時に自分の職業や現在の健康状態、また過去の病歴について、保険者がありのままに保険会社に報告する義務のことをいいます。
告知は書面で行いますが、本人が記入し、正確に報告しないと結果的に自分が不利益になる場合があるので注意が必要ですよ。

健康に問題があったり、過去に病歴があったりしても保険に全く加入できないというわけではないので安心してくださいね。ほとんどの場合、条件付きで加入することが可能です。
例えば生命保険の場合、健康の問題によって保険金の削減という条件付きでの加入になります。
削減は最高5年間で、加入から1年以内に死亡した場合は、通常の額の15%、以下1年ごとに30、45、60、80%となるのが一般的です。
この他に実際の年齢よりも高い年齢で設定された保険料を支払う条件が付く場合もあります。

入院保険では、進行中の病気や過去の病歴によって、その部分とその病気に関連する病気は全面的に免責、もしくは年数を限っての免責となる場合がほとんどです。

きちんとした保障を得るためにも、告知はそれぞれ責任を持ってきちんと行いましょうね。

| カテゴリ:入院保険 女性
医療保険には様々なものがありますが、アヒルのCMでお馴染みの「アフラック」の「EVER(エヴァー)」シリーズは人気がある入院保険です。 EVER商品は、医療保障が一生涯続く、終身保険です。 病気やケガで入院した場合は、日帰り入院から入院給付金を受け取ることができ、1回の入院で最高60日まで、通算では1,095日までの入院が保障されています。 保障プランは選択でき、お手軽プランでは入院日額5,000円、しっかりプランでは日額10,000円となっています。 病気やケガで手術が必要になった時も安心です。 給付金額は手術によって異なりますが、お手軽プランでは5・10・20万円、しっかりプランでは10・20・40万円の給付金を受け取ることができます。 病気や手術の保障は一生涯、ケガによる治療は90歳までの保障となります。 気になる保険料は、30歳女性の場合、お手軽プランは月額1,750円、しっかりプランは月額3,500円となります。 同じEVER商品として、保険料が60歳からは半額になる「EVER HALF(エヴァーハーフ)」も人気です。 また、60歳からは保険料を払わなくても良い「EVER払済タイプ」もあり、老後の保険料の支払いが心配・・・という人におすすめのプランです。 保険料は、30歳女性の場合、「EVER HALF」のお手軽プランでは月額1,940円、しっかりプランでは月額3,880円となります。 「EVER払済タイプ」のお手軽プランでは月額4,930円、しっかりプランでは月額2,465円になります。 EVER商品の中でも色々なタイプがあり、どれにしようか迷ってしまいそうですが、自分の将来設計に合わせたものを選ぶようにしましょう。 どちらのプランにも、女性にとって嬉しい保障である「女性疾病特約」を付加することが可能です。入院保険の加入を考えている女性は、是非一度、チェックしてみてくださいね。
| カテゴリ:入院保険 女性
一言で女性の保険といっても、それぞれのライフスタイルに合わせた保険に加入する必要があります。

シングルで自宅から通勤している女性の場合はどのような保険が良いのでしょう。
自分の収入で、家族や他人を養っていない場合は、死亡保障はそれほど必要ありません。ただ、医療保障についてはきちんとしておく必要があります。
最低でも1日5000円程度は確保しておくと安心です。
このような場合は、セットタイプの保険が良いでしょう。
セットタイプとは入院保険と同じような機能を持ち、さらに死亡保障も得られる保険のことです。
例えばコープ共済の女性を専門とした保険では、一般の病気やケガでの入院、死亡保障のほかに女性特有の病気を手厚く保障してくれます。
独身の間は保険料も手軽な女性向けの保険に加入しておいて、結婚してから改めて保険について考えてみるのがお勧めです。

若いうちから一生涯の医療保障を確保しておきたい、一生独身でやっていくつもりだ、という女性は、医療保障が一生続く終身タイプの入院保険に加入しておきましょう。保険の加入は年齢が若ければ若いほど、保険料は安く済みます。
例えば損保ジャパンひまわり生命の「ワハハ21」という保険なら、保険料の支払は60歳で終了することができます。老後は保険料の心配をせずに死ぬまで医療保障を確保できるというわけです。
また、ワハハ21には健康で過ごせると保険料が5年ごとに安くなるという嬉しい特約があります。若いうちに加入すれば健康で過ごせる可能性も高いので、最大50%もの割引が適用される可能性も高いです。
結婚して子供ができた場合でも、子供に教育資金がかかる時期に保険料が少なくなっていれば家計にも嬉しいですよね。

保険にも色々なタイプがあるので、自分の将来設計に合わせて考えていきましょう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。